日本刀の購入は古美術刀剣から居合刀を販売する専門店、刀剣春日堂へ

刀剣春日堂
HOME 取扱品 刀剣塾 商品案内 美濃の刀匠と歴史 FAQ 所在地 お問合せ English

商品案内
 日頃、『刀剣春日堂ホームページ』をご愛顧頂いている皆様へ
感謝の気持ちを込めて【商品情報】を、皆様の参考になればと思い、【商品案内】のメニューとして設けました。
今後とも御愛用していただけるよう商品の管理・御提供に努めてまいります。
何卒、宜しく御願い申し上げます。
- 刀剣春日堂店主 -
 販売規約
 販売法に基づく表示

お問い合わせはこちらに!

【お問合せフォーム】
 上鑑賞刀
   1〜20 脇指  (初代)越前国下坂貞次   時代拵え付 特別保存刀剣鑑定書 ¥380,000(税込)
   1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日  特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
   1     数々の重要刀剣 / 特別重要刀剣  所蔵しております。
 
 鑑賞刀
   1〜11 平脇指 無銘(越州国行) 特別保存刀剣鑑定書   ¥480,000(税込)
   1〜6  短刀  無銘(寿命)生ぶ拵え  保存刀剣鑑定書  ¥140,000(税込)
   1〜14 刀  無銘(高田)(切付銘:友清摺上)保存刀剣鑑定書 ¥570,000(税込)
 
 現代刀・居合刀 等
   1〜   刀  相州住康春  彫刻:上り龍に梵字(手彫り) 拵え付 ¥285,000(税込)
   1〜2  居合刀  銘:武蔵守藤原盛道 {全て新しく注文制作} ¥430,000(税込)
   1〜3  居合刀  無銘(高田)(切付銘:友清摺上){新しく注文制作}保存刀剣鑑定書 ¥680,000(税込)
   1〜5  お守り刀 [ 日本魂  加藤寿命 ・ 千歳丸   皇紀二千六百年 ] 日本郵船歴史博物館資料掲載
   1 形居合用 抜刀用 (現代刀から各時代) 承ります       

1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日  特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)   Katana [Nosyuseki-ju kaneoto] [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon  

鑑定書: 公益財団法人:日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書
種別:  刀
国 :   美濃(岐阜県)
時代:   室町中期
銘 :  濃州関住兼音 
     文明十九年二月日 (1487年)
形状:  庵棟、身幅・重ね・長さ尋常、反りややつき、中鋒、生ぶ茎に在銘・年紀あり
刃長 :  69・8cm     2尺2寸9分5厘
反り :   1・4cm       5寸5分
目釘穴:    1個
元幅:   2・9cm
先幅:   1・9cm
元重:   0・6cm(強)
茎 :  生ぶ茎 在銘 年紀 目釘孔一個
はばき: 金着せ
研ぎ:  鑑賞研ぎ
鞘  : 白鞘つくり
鋩子:  乱れ込んで僅かに掃きかけ、やや深く返る。
刃文:  刃中に多様な働きがあり、丁子互の目に、処に僅かに尖り刃風が交じり、足入り・葉つき、焼高く、これを一つパターン、複式的に華やかに焼き、匂い口明るく、刃良く冴え、匂い出来。
鍛え:  板目に杢目交じり、流れ、地沸えつき、映り良く立つ


評価:
1・室町時代中期の制作年紀の価値
美濃刀が反映した室町時代中期までに明確に作刀年月日がある物は希少である。主に室町時代では作刀された年月日を刻字した例は殆ど無く美濃刀剣歴史研究資料として絶対的価値がある。

2・制作された当時より現在に至るまで原作保持の価値。
作刀され現在までの約540年、地刃(鍛え・刃文)当時のままを保たれ勿論のこと生ぶ・オリジナルである。

3・刀には、数打ちと注文打ちがあります。年号のあるものは特別注文打ちである事から入念に作られている価値。

4・希少価値あがる


説明:  
兼音と(初代)兼元は兼國の子と伝え、兄弟合作が遺されている(二尺一寸八分の明応年間作)。兼音は優秀作が多く、美濃の刀匠では数少ない名匠です。地刃(鍛え・刃文)健全。

兼音の本名は六郎左衛門尉、のちに右衛門尉と改め、法名を道慶という。また、兼音(かねおと)を(かわおと)と読むと「室町期美濃刀剣研究」にある。呼び名に、清らかな音色をさして(かねきよ)ともいう。

本作「文明十九年二月日」(1487年)は応仁の乱の終焉後10年に作刀し、当時のままの生ぶの刀であり、現在まで大切に保存された名品の一振りです。

また、「濃州関住人」に「年号」を明確に刻字した(1487)作は美濃刀では稀である事から特別注文品であります。さらに、特徴は複式に華やかさが演出されているとこなど、二代(孫六)兼元と似たところあり。本作は関鍛冶の歴史上、なくてはならない重要資料である。(以下省略)

兼音には「濃州関住衛門尉兼音七十二二(四)、明応四年二月日」(1496)の作刀が遺されており、室町時代、嘉吉(1441〜1444)と早期に明らかにして、初代兼元・兼茂の合作など濃州関刀匠を代表格として活躍した。

年号により、明確な作刀期間・美濃刀匠の歴史・及び、時代背景が明らかになり、乱により文明期は全国の守護大名、美濃では(室町幕府足利を支えていた土岐氏)の力が衰え、下克上の時代に 突入した時でもあった。時は戦国時代になり(土岐から斎藤・そして織田)へと向かった。関鍛冶が殆ど年号がなく、 僅かながらしかなく以降、明応(1492〜1501) からは次第に年紀が刻字されていく。


備考:
1・兼音と(初代)兼元の合作の遺作品は[美濃刀大観]図譜掲載。  
2・「美濃国関鍛冶系譜」では(初代)兼元は文安二(1445年)の作 、さらに「美濃刀大観」では文明十八年(1486年)の作から兼音の活躍していた年紀と合う。(初代)兼元の出自が解明される。

価格:3,600,000円 (税込み)

※ ご不明点がございましたらお尋ねください
※ 画像が荒くてご容赦の程
>>>>> 2 刀身 表 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
>>>>> 3 刀身 裏 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
>>>>> 4 鋩子 表 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
> 鋩子乱れ込んで小丸に僅か掃きかけやや深く返る
>>>>> 5 鋩子 裏 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
> 鎬地鍛え柾流れる
※ライトが反映して赤く、影のように映っています。
>>>>> 6刃文 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
>>>>> 7 裏 刃文 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
>>>>> 8 刃文 表 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
>>>>> 9 刃文 裏 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
>>>>> 10 銘 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
銘:濃州関住兼音
>>>>> 11 茎 裏 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
年紀:文明十九年二月日
>>>> 12 金着せはばき <<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
>>>13 兼元・兼音合作 図譜 <<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
美濃刀大鑑より
>>>>> 14 白鞘 <<<<<
1〜14 刀  濃州関住兼音 文明十九年二月日   特別保存刀剣鑑定書 ¥3,600,000(税込)  
前へ 次へ
ページTOPへ戻る
HOME新着情報取扱品刀剣塾商品案内美濃の刀匠と歴史FAQ所在地お問合せEnglish
Copyright (c) Touken KASUGADO, All rights reserved.